女性性覚醒プロデューサー 磯部夏代子


相手に言いたい事は?



おはようございます
内なるセクシャリティ(女性性)呼び覚ます
 女性性覚醒プロデューサー&
  潜在意識心理学の専門家 磯部夏代子です。


今日から
クローズドのセミナーの為に
沖縄入りします。



羽田から一路沖縄へ



沖縄はもう何度行った事でしょう。


私はダイビングのライセンスを何年か前にとって
沖縄の海に潜り
ウミガメと一緒に泳いだのが素敵な思い出になっています。



それまで
私は一生、絶対にダイビングだけはやらない!



と、宣言していました。
器械に命を預けるなんて考えられなかった。



酸素ボンベが壊れていたら
即、死亡・・・
そんなの絶対にいや~~~



って、考えていたからです。



以前の私は「~~であるべきだ」「~~というものだ」
と、色々なものを定義して生きていました。



自分の当然が「当然」だと思い、
自分の意見や考え方が正しいと
思って生きていたんですね。


その時には自分の考え方や価値観が正しい事だと・・・




それは自ずと人を非難する気持ちを生んでいたのです。



その自分の価値観が
実は自分自身をも縛っていた事にも気がつかず・・・




でも
私にとっての「普通」が
「普通」でない人に出会った時


真剣に
自分の考えや価値観が「当たり前」ではないのかもしれない。



と、考えなければならない。
遅まきながら真剣に思ったんです。



その時から
「それまで絶対しない!と思って来た事を
やってみよう!!」
と、せっせと始めた・・・



でね。その一つが
それまで絶対にやらない!と言っていた
ダイビングにチャレンジしたんです。


やってみました。


台風一過の海の中で二日間のトレーニングと
試験。



浮上して来ると
台風で流された木の枝や葉っぱや・・


そんな漂流物で頭のてっぺんが
カッパのようになりながら。



でも、やってみると
なんで、それまでそんなに嫌がっていたのか・・・
と思いました。



たとえ、自分の価値観が
自分自身を苦しめていようとも
それに耐えられるうちは


自分の価値観が絶対正しいと
思いやすいんですよね。



でも、世の中に絶対ってないですよね。




「ケチ」な人には「倹約家」
「優柔不断」には「人と調和をとる人」
「頑固」には「意志の強い人」




と、もの事には必ず「表裏」があるように



一方からの見方が、必ずしも正しいとは限らないのです。





もし、
潜在意識が投影されて360度自分というわけですから
まわりに嫌な人が現れたとき



「人は鏡」その人はあなたなんですよ。



と言われた時に



「わたしはそんな人間や性格じゃない」と思って
腑に落ちなかったならば



あなたが批判しているその人のやっている事の
裏側を考えてみて下さい。



「厚かましい」は「人なつっこい」しれないし
「細かくて・・」は「良く気がつく」かもしれない



そうやって、裏側から見た時に
実はその性格が
自分の中にあった事に気がついたりしませんか?



「要領が悪い」は「熟慮、慎重派」かも知れません。
「鈍感」は「おおらか」かもしれませんよ。




あなたのまわりはあなたの潜在意識、価値観の投影です。
あなた自身なのですね。



「相手に言いたい事は自分に言いたい事」ですよ





個人セッション 受付中  


人を変える秘密の魔法講座  はこちら


ペタしてね

読者登録してね


応援ワンクリックお願いします
↓↓↓↓↓


自己啓発 ブログランキングへ


応援ワンクリックお願いします
↓↓↓↓↓


にほんブログ村


こちらも合わせてお読みください

2013年04月11日 ダイエットと断捨離
2013年02月27日 今日の種


ピックアップ

2013年03月04日
今日の種

Facebookページ

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

2017年10月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページのTOPへ