女性性覚醒プロデューサー 磯部夏代子


「幸せ」が物理的に解明出来るとしたら・・・


19666049_480x427

内なる”セクシャリティ”を呼び覚ます。

女性性覚醒プロデューサー&

潜在意識心理学の専門家 磯部夏代子です。

 

 

 

いつもテレビをみることはあまりないのですが

今日、テレビの電波の具合がおかしいようだというので

あちこちつけたり消したりしていたら

 

 

 

今やっているNHKの朝の連続テレビ小説の「ごちそうさん」を

やっていました。

それでもいつもは観る事がほとんどないのですが

見入ってしまったんです。


 

 

 

 

 

主人公の杏が納豆嫌いな彼に納豆を食べさせる為

いろいろと工夫している場面だったからです。

 

 

 

私はお料理をするのが好きです。

食べた人に美味しいと言ってもらうのは

もちろん喜びなのですが


私自身が美味しいものが好きなので

美味しいものを作りたくなっちゃうんです。

 

 

 

私は学生の頃は「管理栄養士」の学科を専攻して

「食」について学んでいました。

 

 

その、学科を志望した理由は

本当は医師になりたいと思っていたのですが

経済的な事情や環境的な事があり

その時点では医学部に進むことを選択出来ませんでした。

 

 

ならば、何を学びたいか・・・

そう考えた時に

 

 

 

そうだ!

「病気になってからの人を癒す医師ではなく、

病気になる前に病気にならないように

食を管理する管理栄養士になろう」


「医者は薬で病気を治すが、私は食べ物で健康をもたらそう

食べ物は薬だ!」と思ったからでした。

 

 

というのと、美味しいもの好きが重なって

家で簡単に作れて、

ゴウジャスに見えるお料理を考えて作るのが好きなので・・

 

 

 

だから、このドラマのようなお話が好きなんですね。

前にNHKでもやっていた『宮廷女官チャングム』

なんて、最高に好きな内容です。

 

 

今週、この主人公はドラマの中で

美味しい「おむすび」を作りたいと

ご飯を色々な炊き方で炊いたものと

いろいろな塩を組み合わせて何種類も

作り研究しています。

 

 

もちろん人それぞれの好みというのはありますが

人が「美味しい」と思う料理にはちゃんとした

「根拠」

科学的根拠があるのです。

 

 

これを大学では「食品科学」という学科で習います。

 

 

私たちがただ、何となく「美味しい」といっていた

裏側にはきちんとした科学的根拠があったのです。

 

 

これは人生での「幸せ」も同じと

言えると思うのです。



私たちは、日々、ただ何となく「幸せ」を求めながら

おまけに、ただ何となく過ごしてしまっていないでしょうか?

 

 

「美味しい」の裏に科学的根拠があるように

「幸せ」の裏側に物理的な根拠があるとしたら・・


これを知りたくはありませんか?

 

 

大切な毎日を

ただ何となく・・・こんなものかな?と

砂糖を入れたり、醤油を入れたりして

無駄な時間をかけ、悩んだりするよりも



その「根拠」を知ってしまった方が

「美味しさ」も「幸せ」も

早く手に入るのではないでしょうか。

 

 

 

いつまでも、悶々と待っている必要はないのです。

自分でつかみにいけるのです。

 

 

自分の潜在意識がわかる

「占いしらずの未来予知法」講座

こちら↓↓


10月23日  11月1日

*直前でもお申し込み受け付けます。

ご相談下さい。

 

占いしらずの未来予知法

 

お申し込みはこちらお問い合わせはこちら




 

 

 

10月29日  11月12日

『「愛されたい」「綺麗になりたい」 内なる“セクシャリティ”を呼び覚ます。艶美マインド5つのゴールデンルール 女性性覚醒セミナー』受付こちら

 

 

 

ペタしてね
応援ワンクリックお願いします 
↓↓↓↓↓
応援ワンクリックお願いします
↓↓↓↓↓

こちらも合わせてお読みください

2013年05月30日 今日早朝の山下公園
2013年03月15日 今日の種
d0243106_1102546 2013年11月12日 生きる目的を知る


ピックアップ

2013年03月21日
太る心理2
a1770_000003 2013年10月22日
ちょっと・・・

Facebookページ

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

2017年10月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページのTOPへ